結婚指輪を購入しよう【指輪の金属素材の特徴】

最新記事一覧

ペアリング

初めての方でも安心

手作りの婚約指輪の人気が高まっています。制作が可能なジュエリー工房では、指輪を作る為の専門の道具や材料は全て揃っていますし、工房のスタッフが丁寧にアドバイスをしてくれます。ジュエリー工房によっては、長期保証がついているところもあります。

指輪の素材から選ぶ

結婚指輪

定番をとるか個性をとるか

選択肢が多くて悩みがちな結婚指輪ですが、いっそのこと選択肢を絞ってしまえば効率的という事で、ここでは指輪の金属素材の特徴とおすすめの特徴について紹介します。結婚指輪はとにかく定番が一番、という方におすすめの素材はプラチナです。金属としての価値の高さはもちろんですが、腐食しにくくメンテンナンスが楽な事、金属アレルギーの心配が少ない事、柔らかく加工がしやすい事など、宝飾品の素材として高い利点があります。見た目としても清潔感のある白色系の金属光沢で、男女年齢を問わずによく合います。ブライダルジュエリー全般の定番金属と言え、こだわりが全くないという人でもプラチナを選んでおけば失敗はないのでおすすめです。次に定番より少しだけ個性を出したい、という方におすすめしたいのはゴールドです。宝飾品としては定番のゴールドですが、結婚指輪の素材としては日本ではマイナーな存在です。ただ品質としてみればプラチナと遜色ありませんし、最近では工業用途が減少しているプラチナに比べて、相対的にゴールドの価値が上昇して値段の逆転現象も見られます。割金の配合によって色をある程度調整できるので、肌の色に合わせたゴールドを選べる利点もあります。人とは違った結婚指輪にチャレンジしたい、という個性派の方におすすめしたいのは、レアメタルの結婚指輪です。レアメタルは希少金属とも言いますが、他の金属に比べて流通量が少ない貴重な金属類の総称です。プラチナも実質的にはレアメタルの一種です。工業用品のイメージが強いですが、一部のレアメタルは宝飾品としても利用されています。結婚指輪としてはチタンやジルコニウムなどが用いられています。これらの金属は金やプラチナと同様安全性が高く、さらに希少性もあります。また工業利用が主なので、値段がそれほど高くないのもポイントなります。

ダイヤのリング

年代によって費用は異なる

婚約指輪の相場は年代によって異なります。20代よりも40代の方が高めです。しかし、結婚式や新居への引っ越しなどにも費用がかかるので、あまり無理のないように購入することをおすすめします。最近は金額にこだわらない人も多くなっています。

指輪

満足のいく選択のために

婚約指輪を購入する際に知っておきたいのが、婚約指輪の専門サイトの活用です。サイトを見て事前に情報収集をすることによって、婚約指輪を効率よく探すことができるようになります。大阪のジュエリーショップでは、購入後のメンテナンスサービスや保証が充実しているショップが多いので安心です。

新郎新婦

カップルで選ぼう

結婚指輪を選ぶにはカップルでそれぞれの意見を尊重し、納得できるものを選ぶことが大事です。また、各店舗のおすすめ商品を比較してみるのもいいかもしれません。ネット上の口コミ情報も参考にして、実物を比較することが大事です。

ペアリング

満足のクオリティー

手作りの婚約指輪は、全体的に費用はそれほど高くありません。披露宴で婚約指輪制作の写真やムービーを見せれば、手作りならではの演出で、会場が温かい雰囲気に包まれるのもうれしいポイントです。手作りでは時間が必要なので、時間に余裕をもって、制作することが成功のポイントです。

Copyright© 2018 結婚指輪を購入しよう【指輪の金属素材の特徴】 All Rights Reserved.